ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

コメントさせていただいたページ様

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/06/10 (Wed) 00:27
(介護系看護師)加齢に伴う生理的変化について

・脳細胞は20歳代から減少するため、記憶力は20歳がピークとなる。

・筋力は、20歳代をピークに直線的に低下する。握力は40歳以降低下する。

・膀胱は加齢に伴い萎縮し、許容量が減少する。また、高齢者では膀胱が充満するまで尿意を感じず、急に尿意をもよおし、我慢できなくなる現象がおこる。さらに、膀胱の弾力低下により残尿が多くなり、頻尿になる。

・視力は加齢とともに水晶体の弾力は低下し、毛様体筋の萎縮により調節力も低下する。いわゆる老眼が現れるのは40歳代からである。それ以外にも、水晶体の混濁により白内障などが出現しやすくなる。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

<< (介護系看護師)老老介護について | ホーム | (介護系看護師)高齢者の脱水症について2 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。