ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

コメントさせていただいたページ様

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/12 (Sun) 12:13
(介護系看護師)昔やってた試験問題集やノートについて

前回解説しました通り、今回も過去に勉強した試験勉強内容を少し解説したいと思います。



・血液は「細胞成分」が45%、「液体成分」が55%がで構成されており体重のおよそ1/13を占めている。
そのうち、「液体成分」は血漿であり、その血漿からフィブリノーゲンを取り除いたものが血清である。また、血漿はその90%は水分で、あと約8%はタンパク質(アルブミン、グロブリン、フィブリノーゲン)と言われ、その中でもアルブミン(肝臓で作られているタンパク質)がもっとも量が多いとされる。アルブミンは血漿こう質浸透圧という体内の栄養バランスに必要なコントロールを維持する役割があり、これが不足すると「浮腫」という状態が起こる。
一方、「細胞成分」には赤血球や白血球や血小板がある。各血球の寿命は、赤血球は120日、白血球は10時間~数日、血小板は10日位と言われる。

(続きはまた!)
スポンサーサイト

<< (介護系看護師)医療知識の復習 | ホーム | (介護系看護師)昔やってた勉強 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。