ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

コメントさせていただいたページ様

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/12 (Sun) 11:02
(介護系看護師)昔やってた勉強

私が部屋の物置を整理してたら昔勉強してた看護師国家試験の問題集やノートが出てきました。そのなかに記載されてた事を見て、とてもなつかしく感じました。


・鉄剤は悪心、嘔吐、下痢といった副作用があるため、食前でなく食後に直ちに内服する事。


・パーキンソン治療薬(Lドーパ)は食前に服用してしまうと中枢性の悪心、嘔吐が起こる事があるので吸収性を遅らせる目的で食後に内服する。ただし、ベーコンや豆、アボガドとかいったピリドキシンを多く含む食物を日頃たくさん食べる人は薬が効きにくいと言われる。


・低ナトリウム血症はもし、130mEq/l 以下になると食欲(思)不振や腹部膨満感、悪心や嘔吐といった消化器症状がみられやすく、更に大幅に血清ナトリウム値が下がると頭痛や見当識障害が、120mEq/l以下になると意識障害から昏睡へと移行する危険もあると言われる。


・高カリウムや高カルシウム血症だと多飲、多尿が生じやすいといわれる。


・歩行でよく使われる股関節を曲げる筋肉は「腸腰筋」「大腿四頭筋」と言われ、逆に伸ばす筋肉はお尻の大殿筋や足の大腿二頭筋(座骨神経支配を受け膝関節を曲げる)と言われる。


・心臓の大動脈から直接枝分かれする血管は「冠状動脈」「気管支動脈」「腹くう動脈」と言われる。


(続きはまた!)
スポンサーサイト

<< (介護系看護師)昔やってた試験問題集やノートについて | ホーム | (介護系看護師)介護保険法で市町村が定めている事 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。