ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

コメントさせていただいたページ様

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/03/19 (Thu) 16:54
(介護系看護師)医療系国家試験2解説1

1.眼瞼下垂(がんけんかすい):上まぶたが開きにくくなるという症状のある病気の一種。眼瞼下垂の原因は、先天性のものと後天性のものの二つに分類されます。


2.項部硬直:髄膜炎やクモ膜下出血といった髄膜刺激症状の際に起るもので、頭痛、項部痛を訴えるのが一般的。その際に項部硬直の有無を調べます。仰臥位の患者の枕を外して、その頭を手で持ち上げて前胸部に下顎を押し付ける事が出来ない時がその症状です。髄膜に刺激徴候があれば項筋が収縮し、筋の抵抗が強く、下顎を前胸部につけることが困難で、患者は項部の痛みで、眉にしわを寄せるといった苦痛表情をあらわします。一般に、患者の頭を持ち上げようとすると、頚が前に屈曲せず体全体が一体として持ち上がるように見える特徴があります。


続く
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

<< (介護系看護師)医療系国家試験2解説2 | ホーム | (介護系看護師)医療系国家試験2 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。