ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

コメントさせていただいたページ様

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/03/08 (Sun) 16:47
(介護系看護師)医療系国家試験(解説)

解答は4の「直視下異物除去」だそうです。ちなみに直視下異物除去についてですが

1  確率的には、声門上に異物がある可能性が高いと考えられ.最も確実なのは、口を開けて直接取る方法を選択します。喉頭鏡をかけ、マギール鉗子で取り除きますが喉頭蓋の下面は迷走神経支配なので、反射が起きて除脈、低血圧が起こる可能性もありますので喉頭蓋の上面(手前)に喉頭鏡をかけます。

2   患者さんは倒れていることがほとんどだと思いますのでeimlich法は、教科書的ではありますが、抱きかかえて起こさなければならないので、現実的ではないと思われます。仰臥位を取らせ心臓マッサージと同じ要領で胸郭を圧迫することでHeimlich法と同様の効果が得られますので、最も迅速かつ効果的と思われます。
  但し、声門以下の異物で不完全閉塞時に胸郭を圧迫してしまうと、声門へ嵌頓して完全閉塞を起こす事があるので,とりあえず呼吸をいている場合には禁忌と考えるべきかと思います。








その他の手技についての解説・・・・
・バックバルブマスク(以下、BVM)は、その名の通り鼻、口を覆うマスクと一方弁が付いたバルブ、それに自動膨張するバッグからなり、専用のリザーバーを付けることによって、バッグが自動膨張する際にリザーバー内の酸素を取り込み高濃度の酸素を患者に供給できるそうです。
裏をかえせばリザーバーを付けないと酸素ラインに接続していても空気を吸い込んでしまい酸素濃度は上昇しないそうです。BVMでの換気は、習熟すれば器具を用いた気道確保とほぼ同等の効果が期待できるので、すべての実施者に手技の習熟が求められているのだそうです。


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

<< (介護系看護師)医療系国家試験2 | ホーム | (介護系看護師)医療系国家試験問題 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。