ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

コメントさせていただいたページ様

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/11 (Wed) 07:13
(介護系看護師)現場でうまくいく職員、失敗する職員3

「“本当は苦手ですが、できなくはありません”と言える勇気と冷静さをもつ」。つまり、何らかの事情で自分が出来ない事とかを素直に認めたくはないが、そんな状況でもやらねばならないことがある時がある人こそ、このような発言をするとすぐれた効果を発揮するという一説なのだそうです。が私は実はこれが一番苦手です。というかこれがしっかり実践できている日本人がこの世の中はたして何パーセントいるのでしょうか。間違いなく2~3割いればいい方なのではないかと思います。
もし、このような発言をして“失敗”したならばそのリスクはあまりにも大きいという事をほとんどの人間は認識してしまっているからです。裏をかえせば、だからこそこの発言に対して自信がもて、もし、その苦手な業務が「成功」したならばその報酬はとてつもなく大きいという事なのだともいえます。でも、ここで一番大切なのはどの説でも述べているとおり、「自分を知る」事にあるわけです。自分がどういう性格の人間でどういうやり方、ペースに最適なのかをある程度理解し、自分のモチベーションを理解することにあり、かつ、それを実現できる事が苦手分野の業務を細かくできる事につながるのではないかと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

<< (介護系看護師)意外に失敗しやすい電話の応対 | ホーム | (介護系看護師)現場でうまくいく職員、失敗する職員2 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。