ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

コメントさせていただいたページ様

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/11/21 (Fri) 21:53
介護系看護師:脱水について

夏場は、よく脱水にかかりやすい人ががいましたが冬場ではそれもかなり減ってきました。とはいえお年寄りの大半は冬場でも脱水と闘わなければなりません。その理由をサラっと述べていきたいと思います。


まず、「脱水」とは、細胞内外液の急激な変動により体内に必要な水分が無くなってしまう減少をいうそうです。
脱水」の主な要因はいくつかありますがまず、脱水の原因によって、その誘因や促進因子の除去が必要です。

お年寄りは主に細胞内液の低下で水分や電解質の均衡が崩れやすく、また年齢的な神経感覚が分かりにくく、のどか渇いた事も自覚しにくいのですぐ脱水になりやすい。

脱水時は発熱、頻脈、口内粘膜の乾燥、尿量減少、皮膚の弾力性低下などが生じます。ひどい時は意識低下なども出る事があり注意して経過観察する事も大切です。

脱水傾向に陥りやすいお年寄りは食事や飲水といった(IN)と尿や便といった(OUT)のバランスをチェックし、どちらか一方にかたより過ぎない事が大切です。そして必要時水分、電解質の摂取をしていかなければなりません



一方、なかなか改善が困難な脱水なら医療処置が必要な場合もあります。

もし利尿剤の使いすぎであるなら、利尿効果のある薬を中止します。糖尿病のお年寄りで高血糖を伴う脱水ならばすみやかに血糖値を正常化させなければなりません。そして水分消失とナトリウム消失のうちどちらが主であるかを見きわめ、生理的食塩や乳酸ナトリウムもしくはリンゲル液などの電解質補充の点滴治療を行わければなりません。その時、点滴の注入速度や注入量に注意し点滴治療による合併症(水中毒、脳浮腫、心不全など)が起こらないように注意しなければなりません。





一人でも多くの読者様に見ていただける事を・・・・

もし出来ましたら下のボタンを押していただけると幸いです。
どうか皆様の清き一票を・・・・・

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

<< 介護系看護師:厚生労働省の寝たきりゼロの10箇条 | ホーム | 介護系看護師:基礎を振り返って >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。