ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

コメントさせていただいたページ様

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/24 (Sun) 16:58
総力戦、ケアマネージャー試験

今日、遂にケアマネージャー試験受験を終えて来ました。

感想からいうと「やや無念」です。

別に「不合格」と初めから決め付けてるわけではなく、私の冒したいくつかの誤算に対しての「無念」です。

次回の反省につなげていきたいので来年ケアマネージャー試験を受験する方と私自身の為に、その「誤算」を私の受験体験を元に書き残しておきたいと思います。


(まず、やってよかった事は)
ケアマネージャー試験の会場に行く時、私はタクシーで会場に向かいました。その理由は試験会場に向かう途中、あまり同じ試験を受ける他の職場の同期と出くわしたくなかったからです。試験会場についたら私はすぐに帽子を被り、試験会場に入りました。

そして、試験会場一時間前に会場に着いた私がすぐ行ったのは、「頭痛薬」を飲んだ事です。私の昔からの悪い癖で試験が始まると試験中に必ず頭痛が起こってしまいます。だから今回は試験前に頭痛薬を飲みました。そのおかげか試験中は頭痛は起こらずほぼ全快で試験に集中できました。

そして、試験開始10分前にトイレに行った事で試験中にトイレに行くような事態にならず助かりました。

試験中は解答のマークシートに答えをすぐに書かず、問題用紙の内容を一分位で把握し解答を問題用紙に書き込んでから、マークシート解答用紙に書き込んでいきました。



あとで思えばこの問題用紙書き込みを先に実行した事で、ケアマネ試験で私が気付かなかった大きな罠に気付けたわけです。




ではその
(「無念」な反省点は)


「マークシート」でした!


私はケアマネの問題は「基礎を十分におさえて、引っかけ問題に惑わされないようにしないといけない!」という事に重視していました。

もちろんその考え方は「正解」でした。

そして、私は問題用紙に書いてある全ての問題を解き、それをマークシートに書き写す前まではまだ、時間は50分もありました。

が、しかし


実際ケアマネで使われるマークシートは、通常の国歌試験で使われるマークシートと違い、マーク範囲が細く小さく書きにくいタイプの物でした。


このマークシートに正確に解答を書き写すのに私は45分近くかかってしまいました(汗)。

そして試験官が「残り時間あと5分です」と呼びかけがあり、私はここで第二の「無念」に遭遇します。



それは、


問題の見直しを最初の問題から見直すのでなく、最後の問題(問60)から見直してしまった事でした。


なぜ、最初の問題から見直した方がよかったかというと最初の問題で分からないところがあったとしても最後まで問題を解いて行くうちにその問題の中に最初で分からなかった問題のヒントが後の問題に隠れてるかもしれなかったからです。


そしてその不安は見事的中してしまい、もし最初(問1)から見直していれば介護支援分野がプラス2点となり、合格圏間違いなしだったはずでした(ネットの各会社の解答速報で確認しました)。

でも、この失敗のせいで介護支援分野は25点中16~17点になってしまいました。ちなみに医療と福祉サービスの総合点は20点中18点で大丈夫でした。

ちなみに、去年の介護支援分野の合格点は15点でしたが、3年前は17点でした。

だから、もしボーダーラインが「17点」に復活してしまうと「不合格」の可能性も出でしまうわけです。それ以前に解答用紙のマークシートのマーキングがすべてうまく出来てるかという不安もありますが、いずれにしても後は天に祈り、「今自分に出来る事を行う」のみです。

念のため、今までケアマネージャー試験対策で勉強してきた道具一式は段ボールにまとめて片付けて起きました。もしも「望まない結果」になった時、次回試験対策を行う時、無駄に時間を使う事なくまた勉強できるようにする為です。

次回があればの話ですが~~。
スポンサーサイト

<< ケアマネージャー試験の感想について | ホーム | もうすぐ始まるケアマネ試験 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。