ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

コメントさせていただいたページ様

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/09/11 (Sat) 18:31
介護支援専門員過去問題について(福祉サービスの問55)

(クリックの1票ご協力お願いいたします)
  にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ




介護支援専門員試験まで、残すところあと1カ月ちょっとに差し迫ってきました。

なんだか、段々緊張感が増していく毎日ですが、引き続き過去問の解析の学習を行っていきたいと思います。

今回の問題は

平成21年度の介護支援専門員過去問題について(福祉サービスの問題55です)






問題55 小規模多機能型居宅介護について正しいものはどれか。3つ選べ。
1 小規模多機能型居宅介護の提供に当たっては、利用者、利用者の家族、地域住民、地域包括支援センター職員等によって構成される運営推進会議を設置することが望ましい。
2 宿泊サービスの利用者が1名の場合でも、夜間及び深夜の時間帯を通じて、宿直1名及び夜勤1名が必要である。
3 小規模多機能型居宅介護計画を作成する介護支援専門員は、地域活動への参加の機会の提供等利用者の多様な活動の確保に努めなければならない。
4 登録定員は、29人以下に設定しなければならない。
5 通いサービスの利用者が登録定員に比べておおむね3分の1を下回る状態を続けてはならない。






では、解説に入りたいと思います。

解答 2・3・5
1については、おそらく「地域住民」でなく「地域住民の代表者」だったからでしょうか(おそらく・・)。4については登録定員は25人以下でした。


どうでしたか、うまく問題は解けましたでしょうか!今後ともよろしくお願いします!
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

<< 今後ケアマネについて考えていきたい事は | ホーム | 介護支援専門員過去問題について(福祉サービスの問54) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。