ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

コメントさせていただいたページ様

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/08/16 (Mon) 03:15
介護支援専門員過去問題について(医療保健分野問44)

(クリックの1票ご協力お願いいたします)
  にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ



こんにちは、では今回も平成21年度のケアマネージャーの医療保健分野の問題を1問取り上げてみたいと思います。ぜひみなさんも問題のポイントを確認してみてください!



問題44 次の記述のうち正しいものはどれか。2つ選べ。

1 介護予防訪問リハビリテーションでは、モニタリングの結果、特に問題がない場合には、必ずしも介護予防サービス計画を作成した指定介護予防支援事業者に報告をしなくてもよい。
2 指定訪問リハビリテーション事業者は、あらかじめ指定訪問リハビリテーション以外の費用の額も決めておかなければならない。
3 病院、診療所、介護老人保健施設により提供される通所リハビリテーションは、医療保険と介護保険のどちらでも利用できる。
4 介護療養型医療施設における理学療法については、介護保険から給付される。
5 訪問リハビリテーションは、病院、診療所、介護老人保健施設及び訪問看護ステーションから、理学療法士、作業療法士または言語聴覚士が訪問する。







では、自分なりに導いた解答解説を行ってみたいと思います!



解答 2・4
1については、例え問題がなくても状況は伝えなければならない。3については、病院、診療所、介護老人保健施設により提供される通所リハビリテ―ションは基本的に介護保険のみで「どちらか」という事はないと思います。5については、訪問看護ステーションから利用されるリハビリは「訪問看護」です。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

<< 介護支援専門員過去問題について(医療保健分野問45) | ホーム | 介護支援専門員過去問題について(医療保健分野問43) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。