ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

コメントさせていただいたページ様

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/08/06 (Fri) 10:25
介護支援専門員過去問題について(医療保健分野問42)

(クリックの1票ご協力お願いいたします)
  にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ



前回の問41に引き続き続き問42について考察していきたいと思います。



問題42 次の記述のうち適切なものはどれか。2つ選べ。
1 高齢者の有訴者率では、腰痛が最も多い。
2 若年者では、骨粗鬆症はみられない。
3 全身性の廃用症候群には、心肺機能低下や起立性低血圧かある。
4 障害高齢者の日常生活自立度判定基準では、Jランクが最も重い。
5 変形性膝関節症は、歩行障害の原因とはならない。






では、解答、解説に移りたいと思います。






解答 1・3
2については、若年者でも生理的要因などで骨粗鬆症になる事があります。4については、日常生活自立度判定基準は、Cランクが最も重いはずです。5については、変形性膝関節症は膝の変形により歩行が不安定になり転倒リスクとして注意が必要となります。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

<< 介護支援専門員過去問題について(医療保健分野問43) | ホーム | 介護支援専門員過去問題について(医療保健分野問41) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。