ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

コメントさせていただいたページ様

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/07/10 (Sat) 10:45
介護支援専門員の試験対策に向けて

最近なかなかブログ更新につなげられず、そこで私も再度ケアマネのネタをきっかけに少し自分を奮い立たせたいと思います。

今回は、介護保険被保険者についての解説を行いたいと思います。




・介護保険料を滞納してしまうとどのような処置があるのか

1.保険料の支払い方法の変更(償還払いで)
→保険料の滞納期間が一年を過ぎると、現物給付をやめて償還払いの扱いとなる。
償還払い:介護保険料を納付すべき期限より1年過ぎても滞納した場合には、保険給付の対象となる費用の全額を支払う仕組みである。そして後日、市町村窓口に申請することで費用の9割が払い戻されることになります。

2.保険給付が一時差し止めとなってしまう
→保険料の滞納期間が1年6ヶ月を経過してしまうと、保険給付の全部または一部が差し止めとなる。

3.差し止められた保険給付から更に滞納保険者を控除(相殺という扱いで処理)
→さらに長期間納付しない時は、本人に通知を行なった上で差し止められた保険給付から、滞納保険料を相殺していく事になる。また、徴収金を収める消滅時効は2年となっています。その為、きちんと要介護認定を受けた被保険者でも認定の以前に保険料の滞納があり、時効により徴収する期間が消滅した形跡がある時は、消滅した期間に対し、給付率は9割から7割に引き下げられるというペナルティが課せられます。






そのような中、1号被保険者と2号被保険者の保険料についての支払い形態は

1号保険料は、サービスの総量がどうしても少ない為、保険料は低下傾向である。

1号被保険者の保険料については、所得段階別に分けられた保険料の率による定額が賦課される仕組みである。

1号被保険者の保険料率は6段階の設定が基本となる。

1号被保険者の保険料の徴収(支払い方法)は、特別徴収(公的年金から)と、普通徴収(無年金者など)に分類される。

1号被保険者の保険料についてはたいてい市町村と委託契約してるコンビニエンスストアとかで支払いが出来る。

2号保険料の算定で、介護給付費納付金の額は、各医療保険者の第2号被保険者に応じて決められる。

扶養者が40歳未満である場合でも、被扶養者が40歳以上でも介護保険料を徴収できる。

第2号被保険者の保険料は仕事などの収入に比例する仕組みである。

第2号被保険の医療保険を受けている者は支払基金に介護給付費、地域支援事業支援交付金を納付する事になる。

保険料の滞納が発生した場合での強制的な(介護保険税の)徴収を行なう権限が市町村に与えられている。



・所得段階別の定額の保険料については

第1・2・3段階:市町村民税世帯非課税

第4段階:市町村民税本人非課税

第5・6段階:市町村民税本人課税

であり

そして段階別に

第1・2段階:基準額×0.5

第3段階:基準額×0.75

第4段階:基準額×1

第5段階:基準額×1.25

第6段階:基準額×1.5

になっています。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

<< 平成21年度の介護支援専門員過去問題(介護支援分野その1) | ホーム | ケアマネの去年(平成21年)の試験問題で失敗しやすいところ2 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。