ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

コメントさせていただいたページ様

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/06/06 (Sun) 08:34
福祉用具と住宅改修のサービスに付き合っていく事(介護系看護師)

介護保険を受ける対象者の中には当然、福祉用具と住宅改修のサービスを同時に受ける事もあります。そのような状態の時に考える事ですが、前回の書き込みでは「対象者にあ(合)ったサービスが大切」と解説しました。

当然の事ながら、介護用品の福祉用具と住宅改修はその使用目的に関しても、そのサービス的な類似関係はとても深くつながっています。

例えば歩行困難な要介護者が転倒防止の事を考えて自宅の歩行通路に手すりなどを設置する方法や、車椅子導入の際にその車椅子が安全に進めるように動線を確保できるよう考えなければいけないわけで、その際は住宅改修する必要だって大抵は必要になってくると思います。そしてその必要性には要介護者の人達それぞれ個別性もあります。そんなわけで、福祉用具と住宅改修は同時にうまく活用する事がとても重要になってきます。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

<< ケアマネの去年(平成21年)の試験問題で失敗しやすいところ | ホーム | 福祉用具や住宅改修の際に動く介護・医療スタッフの仕組み(介護系看護師) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。